三重県津市丸之内31-27 営業時間 / 10:00~20:00 定休日 / 第1・第3 火曜日

三重県津市のブランドハット

instagram

店舗案内・アクセス

【三重・買取】並行輸入の意味や正規品との違い・高値買取のコツと注意点

【三重・買取】並行輸入品とは?高値買取のコツと注意点

「三重でブランド品を適切に買取してくれるショップを探している」

「間違いなく本物だけど保証書がついていない…」

もしこのようなお悩みをお持ちでしたら、そのアイテムは正規品同様のニーズが期待できる「並行輸入品」かもしれません。並行輸入品はポイントを押さえて査定すれば高価買取も期待できますが、そもそもどのようなものなのでしょうか?

【三重・買取】並行輸入に関する基礎知識

ルイヴィトンやカルティエ、ブルガリ、ヴァンクリーフ、ティファニー、ブライトリングといったブランド品には、正規店で販売している正規品と、並行輸入業者が仕入れて販売している並行輸入品があります。

正規品と並行輸入品は、流通するルートによって2つに分けられているのです。

並行輸入の意味と正規品・並行輸入品の違いをチェックしていきましょう。

【三重・買取】並行輸入とは

ルイヴィトンの長財布

並行輸入とは、正規代理店のルート以外で日本に輸入・販売されることで、海外の正規店やバイヤーなどから買い付けしたものを並行輸入品と呼びます。

海外ブランドから国内の直営店や正規代理店を通じて輸入・販売されたもの以外は、基本的に並行輸入品です。

ルイヴィトンやカルティエ、ブルガリ、ヴァンクリーフ、ティファニー、ブライトリングといった世界的ブランドの海外直営店や海外の正規代理店、免税店で仕入れを行い、並行輸入業者を通じて国内に持ち込まれるケースが多いでしょう。

並行輸入には3つの条件が設けられています。

  • 当該商品の商標が外国の商標権者などによって適法に付されているもの
  • 外国の商標権者と日本の商標権者が同一人であること、もしくは法律的・経済的に同一視できる関係であること
  • 当該商品と日本の商標権者が扱う商品に品質の差がないこと

購入する側はあまり意識することがないかもしれませんが、ブランド品に限らず、コスメ・アクセサリーなどのあらゆる輸入品には、正規品と並行輸入品が存在しているのです。

【三重・買取】正規品と並行輸入品の違い

ルイヴィトンのバッグ

並行輸入について理解したところで、気になるのが正規品と並行輸入品との違いです。どのような違いがあるのか見ていきましょう。

1.主な違いはルートと保証の有無

正規品と並行輸入品との違いは、入荷のルートと保証面が主です。
入荷ルートは、正規品は海外のブランドから直接日本の正規代理店に流れ、その後日本の小売店にて販売されます。

一方で並行輸入品は、海外ブランドから第三者が購入し、日本の小売店などで販売するのが一般的な流れです。一部のブランドや取扱ルートではギャランティカードが付属しない場合があるため、日本の正規店で修理を依頼することができないことがあります。

また正規輸入品よりも検品が厳しくないため、小さな傷・色むらなどが気になる場合があります。

2.正規品のメリット・デメリット

正規品と並行輸入品、どちらにもメリット・デメリットは存在します。まず正規品のメリット・デメリットは以下のとおりです。

【正規品のメリット】
  1. 正式な輸入ルートで仕入れているため、確実に本物である
  2. 日本語で書かれた保証書や説明書がついている
  3. 保証書には自分の名前が入れられる
【正規品のデメリット】
  1. 定価でしか購入ができない
  2. 人気の高いモデルはなかなか手に入らない
  3. 日本販売モデルしか販売されていない

3.並行輸入品のメリット・デメリット

次に並行輸入品のメリット・デメリットは以下のとおりです。

【並行輸入品のメリット】
  1. 割引価格でお得(正規品よりも安く購入可能)
  2. 日本では出回っていないレアな商品も購入できる
  3. 幅広いラインナップがある
【並行輸入品のデメリット】
  1. 保証が受けられない可能性がある(販売店によって差がある)
  2. 保証書や説明書が海外仕様のまま
  3. 偽物の商品が紛れ込んでいることもある

これらのポイントを踏まえ、正規品と並行輸入品の違いを把握しておくことが大切です。

【三重・買取】並行輸入品を買取してもらう際の注意点

並行輸入品を買取してもらう際、正規品よりも買取額が下がってしまうのではと思われる方もいらっしゃるでしょう。しかし、工夫次第では高値買取が期待できる可能性があります。

並行輸入品でも高値で買取してもらうコツと注意点を紹介していきます。

【三重・買取】買取価格は正規品と違う?

手を広げる女性

並行輸入品は正規品と品質に差はありません。製造している場所・工程はすべて同じです。そのため、正規品に比べて必ずしも買取価格が下がるわけではありません。

ルイヴィトンやカルティエ、ブルガリ、ヴァンクリーフ、ティファニー、ブライトリングなどの並行輸入品も、正規品と買取価格に差はほとんどないといえます。

しかし、ブランドによっては並行輸入品というだけで、正規品に比べると若干価格が下がる場合があります。

1.並行輸入品の買取額が下がる理由

並行輸入品の買取額が下がる理由として、以下の3つが挙げられます。

  • 正規品を好む人が多い
  • アフターサービスが受けられない可能性がある
  • 正規代理店を介していないので、偽物のリスクが捨てきれない

並行輸入品は価格が安いというメリットがある一方で、ブランドによっては正規品でなければメーカーでの保証が受けられない場合があります。このような場合、並行輸入品の価値が下がることも考えられます。

2.買取店によって扱いは様々

並行輸入品は、正規品と比べると価格が下がると思われがちです。しかし実際はお店がどう判断するかによっても価格は異なります。

すべての買取店が正規品と並行輸入品を明確に区別しているわけではないのです。並行輸入品を正規品と同様の扱いで買い取っているお店で査定をしてもらえば、価格が下がることはありません。

少しでも並行輸入品を高く売りたい、というときは高値で買い取ってくれるお店を探しましょう。三重で並行輸入品の買取店をお探しの方は、ぜひブランドハットまでご相談ください。

【三重・買取】買取依頼時のコツや注意点

ブランドバッグの買取査定をする男性

並行輸入品でも品質は同じ本物のブランド品です。並行輸入品であっても、工夫次第で高値での買取が期待できます。

これから並行輸入品を売る予定がある方は、価格を上げる方法を覚えておくとよいでしょう。こちらでは簡単に実践できるコツと注意点をご紹介します。

買取価格を上げるコツ1.信頼できる査定士のいるお店を探す

高値をつけてもらうためには、きちんと商品の価値を理解してくれる査定士がいるかどうか確認しましょう。売る予定の商品を専門に取り扱っているお店なら、その商品のジャンルに特化している査定士がいる可能性が高いです。

買取価格を上げるコツ2.新品に近い状態で売る

並行輸入品に限ったことではありませんが、新品に近い状態であればあるほど買取価格が高くなりやすいでしょう。新品に近い状態にするときの重要なポイントは「見た目」と「付属品」の2つです。

まず、見た目ができるだけキレイになるように、気になる汚れがあれば落としておきます。ただし自分で無理なクリーニングをすると、変形や色褪せの原因になりかねません。

結果として査定額を下げてしまうため、素材を傷めないように慎重に落としましょう。

買取価格を上げるコツ3.査定は複数店に依頼する

査定を依頼するお店が1店舗だけだと、そのお店で査定してもらった金額が妥当なのかどうか、比較ができません。たとえ査定額が低くても、これくらいが相場ですといわれて売ってしまい、後で損したことに気づくというケースも少なくないのです。

時間と手間は少しかかりますが、査定は複数店に依頼しましょう。複数店に依頼すると、査定を依頼した店舗の中からより高い査定額を提示してくれたお店に買取を依頼できます。

また複数の店舗を回って査定してもらっているということを伝えれば、査定額のアップに応じてくれるお店もあるでしょう。場合によっては、査定額が低かったお店に金額交渉をするという方法もあります。

買取してもらう際の注意点

商標権侵害があるブランド品をお店で買い取って売っていた場合、責任を取るのは売った本人もしくは並行輸入業者であると思いがちですが、実は買い取ったお店側が責任を問われるケースがあります。

買い取っただけだから知らなかったでは済まされないのです。

そのようなことが起こると、お客様や業界からの信用を無くしてしまいます。そのため、お店は「真正商品の並行輸入品として商標権侵害をしない条件を満たしているのか」をチェックするのです。

真正商品の並行輸入品として商標権侵害をしない条件は、冒頭でお話しした並行輸入の条件と同様です。

  1. 並行輸入商品に付された商標が、輸入元の外国における商標権者またはその商標権者から使用許諾を受けた者により適法に付されたものであること
  2. 輸入元の外国における商標権者と日本の商標権者とが同一人であるか、法律的もしくは経済的に同一人と同視し得るような関係にあることにより、並行輸入商品の商標が日本の登録商標と同一の出所を表示するものであること(つまり、商標の出所表示機能が害されていないこと)
  3. 並行輸入された商品と日本の商標権者が登録商標を付した商品が、その登録商標の保証する品質において実質的差異がないと評価されること(つまり、商標の品質保証機能が害されていないこと)

これらの条件を満たしていない場合、商標権侵害とみなされます。
売る側もこういった注意点を意識することで、安心して買い取ってもらえるでしょう。

並行輸入品でも高価買取を期待したい…それなら三重のブランドハット

並行輸入品は日本で入手できないアイテムをお得に入手できるワクワク感があり、ブランド買取ショップでもニーズは根強いです。

もし、ご自宅に「間違いなく本物だけど並行輸入品だから保証もないし…」というハイブランドアイテムがありましたら、ブランドハットへご相談ください。三重のブランドハットはルイヴィトン・カルティエ・ブルガリなどおなじみのハイブランドアイテムの買取実績が豊富な買取ショップで、プロの鑑定士が適切な金額をご提案いたします。

「このブランドも大丈夫?」と気になる方はブランドハットの取扱商品ページをご確認ください。

三重でルイヴィトンなどのブランド品の高価買取ならブランドハット

会社名 株式会社 ブランドハット
創業 2014年11月1日
設立 2016年3月1日
資本金 300万円
代表者 代表取締役 寺田 誠
住所 〒514-0033 三重県津市丸之内31−27
TEL 059-273-5877
FAX 059-273-5879
URL https://www.brandhut.jp/
定休日 第1・第3 火曜日
営業時間 10:00~20:00
許可・免許番号 三重県公安委員会 古物商許可証(第551220204200号)
事業内容 ブランドバッグ、時計、宝石、貴金属などの買取・販売
取引銀行

三菱UFJ銀行
中京銀行

楽天銀行

三重信用金庫

上へ戻る